ペイターズ 感想

【感想】ペイターズでのパパ活、なめてました

paters(ペイターズ) というパパ活アプリを以前初めて利用してみました。

普段、よく使用するマッチングアプリはTinder、ペアーズなど男性利用者が多いものを使用しているので男性と出会えることは容易いだと思っておりましたが、まず、出会うまでに意外に時間がかかりました。

私自身、ちょっとした暇つぶしの一環でマッチングアプリを使っていた為、他のアプリと同様に男性とたくさんマッチングして、こちらが相手を選ぶようなスタンスでいたのでなかなか出会えなかったのですが、一人だけこのアプリで男性と出会えました。

出会った方は、55歳の恐らく中小企業の社長さんでした。

初めてお会いした時は、銀座の高級寿司屋に連れて行って頂き、食事をご馳走になった上にお小遣いも頂きました。

2回目にお会いした時は、高級焼肉店でした。この時もお小遣いを頂きました。

「次会うときは大人の関係でよろしくお願いします。」と2回目の食事が終わった後に仰られたのですが、無理だと思いました(笑)

当時23歳の私からしてみたら、自分の父親世代の男性と体の関係は無理だ!と2回の食事を経て確信してしまったので、そこで連絡を途絶えさせてしまいました。

食事だけでもお小遣いをくれる太パパもまれにいるみたいですが、結局、男性側は若い女の子との体の関係を目的としている方の方が圧倒的に多いと思うので、相当な覚悟が必要だと実感しました。

私がお会いした方は、自分の仕事のことなど詳しくお話しして下さったので、本当に高収入の方だと思いますが、このパパ活アプリは誰でも出来るので、嘘やデマカセを書いて女の子と出会おうとしている悪どい男性も話に聞くと多いみたいです。

他のパパ活アプリを使用していなかったため比較が難しいですが、ペイターズは男性側が女性を選んでいる印象が使い心地としてありました。

 

まとめ ペイターズでのパパ活は甘くない!太パパとのマッチングも難しい

富裕層に属しているいわゆる「太パパ」と言われる男性とマッチングする為には、相手に好印象を与えられるようなプロフィール画像に工夫しなくてはならないですし、一番は自己紹介文の工夫が本当に面倒臭いです。

ちょっと暇つぶしにやるマッチングアプリで書くような自己紹介文では、なかなかマッチング出来ません。

男性側のプロフィールを拝見しても、多くの方々が

  • 「遊びだけど長期的な関係性」
  • 「起業したいなどの将来設計がしっかり立っている女性を支援したい」

など書かれていました。

その為、女性側もいかにそういった男性に気に入ってもらえるかがカギになってくるので、本気でお金の為なら時間も身体も相手に捧げる覚悟がないとペイターズは上手く活用出来ないと思いました。

【24歳・保育士のパパ活アプリ体験談】