1. ホーム
  2. 仮想通貨 体験談
  3. ≫会社員が副業で仮想通貨を始めてみたら儲かった!

会社員が副業で仮想通貨を始めてみたら儲かった!

月々の使えるお金を増やしたい!
これが、31歳の独身の何の変哲もない薄給の会社員である私が副業で仮想通貨取り引きをしようと思ったきっかです。
本当に単純な俗物な願いを持っていました。
始めるまではフリマアプリでせせこましく物を金に換えていたのだが、もっと効率のいいものはないだろうかと常に思っていました。

ある日同僚と安い酒を飲んでいると、不意に「最近20万円儲けた」と言われました。
ギャンブルをしない私はどうせ競馬か何かだろうと思って聞いていたらおもむろに携帯の画面を見せられてそれが仮想通貨取り引きと知りました。

コインチェックでの初めてのやり取り
同僚の使用していたアプリはコインチェックといわれるもので使用感も簡単そうで、チャートの見方も素人でも想像のつく内容でした。
早速その場でダウンロードし、免許の写真や必要情報を登録しました。向こうからの確認はがきも届き、少々手続きは面倒と思ったのですが、
満を持して始める準備ができました。

初めてのやり取りはビビっていたためか1万円から操作のイロハを学ぶために行いました。
数日のやり取りで簡単に昼飯代くらい出せるようになり意気揚々と、資金を20万近くまで増やしました。
始めたころの2017年の春先はリップルがじわじわと上がり始めててそのやり取りだけで一時60万まで上がりました。
一旦日本円に戻したらその途端に落ちていったので、タイミングが非常に良かったのだと思います。
給料以上の泡銭が一気にできた私は同僚にお礼を兼ねて飲みに誘ったのですが、そこで1つ注意されました。
「あまりどっぷりハマらないように、儲けたらラッキー、失っても最悪まあいいやと思えるくらいでしたほうが良い」
確かにそれからもいくつか銘柄をやり取りしたが、それ以降はトントンかマイナスになることが多く増えることを期待していた分精神的にもショックを受けました。
仕事中も銘柄の動きが気になって気になって仕方なく集中力が保てなくなります。
金額を入れてしばらく入れたことすらも忘れて、気が付いてら上がっていたくらいが本来のんびりしている私の性格にはあっていました。

運用の期間としては2017年春から年末までの9ヵ月間ほどで、夏過ぎに大量に買っといたリップル、リスク、ネムが年末にかけて上がっていく段階で日本円に換えました。
おかげさまで20万円のスタートで最初の方で60万になり、それも次の資金に充てて最終は140万円までなんだかんだで膨らみました。差し引き120万の利益です。
年明けは特に銘柄を買わずにいつもの仕事に戻って言った状態です。

私はその段階でいったん全て日本円に変えていたので良かったのですが、まさに使用しているコインチェックの、こないだまで取引をしていたネムの銘柄で540億に上る流出があったと聞いて血の気が引きました。
あくまでシステムで管理している以上こういうこともあるんだなと初めて危機感を覚えました。
他の取引所も危ないとかそういうことを言うつもりはありませんが、自分の責任で取引をする範疇以外にも何かしらの要因があって台無しになるかもしれない。
そのリスクを背負ってやる覚悟のある人は仮想通貨取り引きは楽しめると思います。
私はしばらく様子をみてほとぼりが冷めつつ、システムも強化されたらまたゆっくりのんびり始めます。

シェアをお願いします。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)